ロゴ

海外に行くなら

日本は安全な国として世界的に有名です。しかし、外国では様子は違ってきます。法律も文化も異なり、危険な犯罪事件に巻き込まれることもあります。リスクに備える意味でも海外旅行保険に加入する意義は大きいといえます。

比較サイトで選定すればベストな海外旅行保険が判明!

オンラインで海外旅行保険を比較してから加入しよう

英語

比べよう

海外旅行保険は、各保険会社でさまざまなプランが用意されています。渡航先や期間、補償内容によって値段も変わってきます。まずは、人気の保険からリサーチしていくと参考になります。インターネットでは、海外旅行保険の人気ランキングサイトもありますので、そうしたサイトを活用すれば、短時間で比較しながら検討を進めていくことが可能です。

申し込む

保険を比較してピックアップしたら、そのままオンラインで申し込み手続きもできます。出発前に空港で加入することも可能ですが、事前に申し込みをしておけば、出発日当日に自宅から空港までトラブルが発生した場合も補償されますので、お得になります。

日本で人気の免税ショップは?

日本へ訪れる海外の観光客から支持されているのが、国内の免税ショップです。大手ディスカウントショップでも、専門スタッフや売り場を配置して力を入れているといいます。空港まで商品を配送してくれるサービスなども充実しており海外客から大きな支持を集めています。

渡航前に押さえておきたいこと

現地のインターネット環境をリサーチ

国内同様に海外でもスマートフォンやタブレットでインターネット接続ができれば、旅も便利になります。ホテルの予約や、地図、施設情報などもすぐに検索できます。また、メールやチャットなども使えるため、日本にいる友人や家族ともすぐに繋がることが可能です。wimaxなど海外でもインターネットができるモバイルルーターを準備しておくと安心です。機種や渡航先によって条件は異なりますので、ショップで相談してみるといいでしょう。

空港までの交通手段

日本の空の玄関口の一つである成田国際空港を使って海外へ飛び立つ人も多いでしょう。成田国際空港までは、電車、バス、マイカー、タクシーを使って移動することになります。荷物が多い場合や、家族で旅行する場合などは、自宅からマイカーを使うこともあるはずです。その場合は、成田周辺のパーキングを事前に探しておいた方がいいです。空港から近いところは満車になっている可能性があります。また、パーキングによって料金体系も異なってくるため、事前に調べておいて損はないです。

保険に加入

海外旅行保険に事前に入っておけば、いざという時役に立ちます。不慣れな土地で、事故や病気、盗難、破損などさまざまなトラブルに遭ったときは、とても不安になるはずです。保険によっては、日本語の受け付けOKなところやで24時間対応してくれるサービスがあるため、どこでどんなトラブルに遭ってもすぐに相談ができて、頼りになる存在だといえるでしょう。補償内容をプランによって異なってくるため、事前にしっかりと比較して決めていくといいです。

現地ツアーの予約

渡航先ならではの体験ができるツアーに申し込むなら、日本で事前に予約しておいた方がスムーズです。人気のツアーになると、事前の早期申し込みが必須になる場合も多いです。例えば、スパやマッサージなどが有名で女性観光客も多いバリ島に行くのであれば、お得で多彩なツアーがたくさんラインナップされています。早めに申し込めば、予定変更の心配もなく安心です。スパのコース以外にも、世界遺産を巡るツアーや、古典音楽と舞踊ショー、ゾウ乗り体験などが選ばれています。

現地の天候

天気が悪いと、旅行のスケジュール変更が必要になってくる場合も多いです。渡航前に現地の天気の確認と、状況に合わせて臨機応変に変更できる予定の候補を立てておけば、代替案にすぐにシフトできて、現地で残念な思いをしたり、無駄な時間を費やしたりすることもなくなります。また、海外旅行中は体調管理も重要になってきます。現地で洋服を買い足すこともできますが思わぬ出費となってしまいます。現地の天候をチェックして、いつも使っているお気に入りの防寒着などを準備するようにしましょう。

[PR]

海外旅行保険を徹底比較!
サポート内容が充実してるプランが満載☆

[PR]

成田で人気のパーキングエリア
利用価格が良心的☆

[PR]

日本で免税を受けるための方法を解説!
旅行前に確認しよう

[PR]

バリ島旅行を楽しもう☆
優良プランを豊富に紹介

新着情報

海外旅行保険でよくある質問

何歳でも加入できますか

基本的には年齢制限はなく、何歳でも加入することができます。

渡航先からも加入できますか

一般的な海外保険では、出発前までに申し込みをする必要があります。

留学で渡航する場合の保険は?

留学者専用の保険がありますので、海外旅行保険ではなく、留学保険に加入しましょう。

なるべく費用をかけたくない場合は?

クレジットカードの保険で補償できる場合も多いです。また必要な保険商品のみを選ぶことでも安くなります。

保険に入って良かったと思った出来事は?

盗難の被害に遭った

初めての海外一人旅で盗難事件に巻き込まれてしまいました。保険会社のサポートデスクの方が親切だったので、その後、現地警察とのやり取りなどもスムーズにできて、本当に助かりました。

入院しました

食が合わなかったのか、現地でお腹を壊してしまい、入院することに。もちろん入院費用もすべて保険でまかなえたので、本当に不幸中の幸いでした。